寝るときは寝やすさに注目することも大切!

移動しながら寝れる?

夜行バスは、新幹線や飛行機と比べると低価格で、移動にかかる費用を安くおさえることができるため人気です。特にお金がない若い人におすすめです。特徴は夜間の移動のため、バスの中で寝ることです。たとえば、大学の授業後、バイトをしてから夜にバスに乗車し、翌朝目的地に到着するといったようなことが可能です。ですが、夜行バスで快適な睡眠ができないと、疲れがたまってしまいます。人によっては、何回も利用していると慣れて特にバス内での睡眠に困らないという人もいるかもしれませんが、まだ利用したことがない人も含めて、多くの人が夜行バスでの睡眠に不安や不満を感じています。普段自宅でとっている睡眠の質になるべく近づけるために、いくつかポイントを知っておく必要があります。

快適な睡眠の具体的なポイント

バスの座席にも種類があります。隣の席と隣り合わせになっているものと独立になっているものがあります。独立になっていると隣の人との接触や匂いなどを最低限防ぐことができます。またバスによっては、カーテンで仕切りを作ることができます。少しでもプライベート空間を作ることで気持ちが落ち着きます。
服装も重要です。なるべくゆったりした服装が望ましいです。ストレッチ性のある伸び縮みするものがおすすめです。寒すぎず暑すぎない体温を保てるように、調整しやすい服を選ぶのもポイントです。靴も脱げるようにスリッパを用意しておくと、より快適になります。
通常サービスエリアで休憩時に車内の電気がつきます。そのときに睡眠を遮られないようにアイマスクの着用も良いです。